外国人にも便利な東京のマンスリーマンションに滞在した体験

マンション

外国人にも便利な東京のマンスリーマンション

日本の物価は、世界でもトップクラスに高いとされています。特に東京などの首都圏はそうです。田舎であっても外国人にとっては高いです。特に、多くの国ではホテルの料金は1部屋でチャージされますが、日本では1人に対してチャージするのが一般的ですから旅行となると、この宿代が高くなるわけです。
そんな時に便利なシステムがマンスリーマンションです。もし長期で日本にいたいという時にはマンスリーマンションの方が安いですし、日本の生の生活も味わうことができるからです。さらに、最近ではマンスリーマンションであれば外国人に簡単に部屋を提供してくれる不動産屋さんが増えて着ていますから、外国人にとってはありがたい存在なのです。
私の友人は、1年間東京に滞在することを決めました。その際にネックになったのが住む場所です。どうしようかと悩んでいる時に、誰かに相談すると、マンスリーマンションの存在を教えてくれたのです。さっそくインターネットを使ってマンスリーマンションを彼が住みたいと思っていた場所に見つけることができ、契約することができました。必要な家具も東京の知り合いからすぐに借りることができたので、快適な東京滞在を送れたと言っていました。

東京のマンスリーマンションに滞在した体験

仕事の出張で1ヶ月東京に滞在しなければならなかった時に、会社が用意してくれたのがマンスリーマンションでした。ホテルではやはり費用がかさむのでこういったマンスリーマンションで出費を抑えたかったからなのでしょう。
私自身、マンスリーマンションなるものに滞在するのは初めてのことでしたので、どんな感じなのか想像もつきませんでしたが、実際に入居した東京のマンスリーマンションは想像以上に快適でした。広さ的にはワンルームで40平米ありましたので一人で滞在するには特に問題ない広さでした。
そのマンスリーマンションは一応、グレードの高いタイプだったせいか、頼めばお部屋の掃除もしてくれたりベッドのシーツ交換などのリネンサービスもしてくれるメイドサービスも行ってくれるようでした。私は、それらは利用しませんでしたが長期滞在のビジネスマンが多い東京のマンスリーマンションだったので利用者はかなり多かったようです。
住み心地は、まさに普通のマンションで両隣の音もほとんど聞こえたりすることはなくかなり快適に過ごすことができました。1ヶ月の長期滞在をしていると、会社との往復で疲れていても、マンションに帰ってくると、ほっとリラックスできる自分の城といった感じになり、出張を終えてマンスリーマンションを引き払う時には何となく寂しいような気持ちになってしまうほどでした。思ったよりも使い勝手が良かったので、また機会があれば利用してみたいと考えています。

設備を考慮したマンスリーマンションの選び方のコツ

各地に建っているマンスリーマンションは、立地や設備などが異なっています。快適に暮らすために便利と思える設備を利用したり、部屋の中に置いてある家具などを利用する時に貸し出しのサービスを提供している不動産屋が多くなっています。バイクや自転車しか置けない物件もあれば、月極として駐車場を設置しているマンスリーマンションもあります。サラリーマンや学生の場合、移動に関しては自転車や電車を使う事が多いです。電車やバスで移動する時には、定期券などを使用すれば快適に移動できます。
一方で旅行などの目的でマンスリーマンションを利用している人の場合、新天地の周辺を知りたいと感じる人もいます。1ヶ月単位の長期的な旅行の場合、ビジネスホテルや旅館などを使うよりもマンスリーマンションを利用した方がお得です。バイクや自動車を主に移動手段として考える場合は、原則的に駐輪場や駐車場が付いているマンスリーマンションを探す事が望ましいです。駐車場などを利用する場合、少なくとも月に数千円以上の使用料が掛かります。
二輪車などの車両で移動手段を考えている場合、マンスリーマンションを検索する時に車両の置き場の有無を確認します。自転車を駐輪する場所が確保されている時には、料金が掛かるかどうかを担当者と相談しておくと良いです。

更新情報

NEW2016/04/19
マンスリーマンションは口コミを要確認を追加しました。
NEW2016/04/19
マンスリーマンションを上手に探すコツを追加しました。
NEW2016/04/19
マンスリーマンションのリピート利用を推奨を追加しました。
NEW2016/04/19
マンスリーマンションはどんな事に利用できる?を追加しました。

≫ 記事一覧へ

TOP